コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

アクセスありがとうございます。cosmedeinと申します。数十年、大手化粧品会社で化粧品の開発を行ってきました。その経験を活かし、化粧品をお使いのすべての人々に、『化粧品の真実』をお伝えしたいと思います。普段のお化粧に、是非参考になって頂ければと思います!

話題のクレンジング 「アテニア スキンクリア クレンズオイル」の評価、評判は? 【専門家の目で分析してみた】

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

毎日使うアイテム、それがクレンジングですね。

今回は話題のクレンジング 『アテニア スキンクリア クレンズオイル』を、元化粧品開発者の私の目で分析いたします。

1.アテニア スキンクリア クレンズオイルの基本情報

・タイプ

オイルクレンジング

・用量 / 価格

175mL / 1836円

・全成分

エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、シスツスモンスペリエンシスエキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、アメリカネズコ木水、レモングラス油、ベルガモット果実油、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、パーム油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール、香料、フェノキシエタノール

・商品ページ

 

2.元化粧品開発者の目で分析してみました

f:id:cosmedein:20170319115657j:plain


① 高いクレンジング力と優れたコストパフォーマンス 

オイルクレンジングは化粧品会社を悩ませるアイテムの一つです。

それは、『利益率が悪い』からです。

オイルクレンジングには『水』がほとんど含まれておらず、そのほとんどが『油』『界面活性剤』です。ですから、『内容物原料価格(原価)』が非常に高いんです。

大部分が水の化粧水と比較すると、数倍、場合によっては数十倍の原価がかかるオイルクレンジングですが、市場の販売価格は高くても2000円以下でしょう。

これだけの原価のオイルクレンジングですから、5000円くらいで売りたいのが化粧品会社の本音ですが、5000円のオイルクレンジングなんてなかなか売れません。

ですから、売れる価格(2000円以下)に設定しなければならず、でも、原価がすごいことになっていますから、『クレンジングとしての機能』よりも、『ユーザーに喜んでもらいたい気持ち』よりも、いかに『原価を下げる』かを頑張ってしまうアイテムこそオイルクレンジングなんです。

ですから、オイルクレンジングには、原価を下げるために、『ミネラルオイル』『パラフィン』といった、原料価格が安い『鉱物油』が用いられます。

少し専門的な話になりますが、油には、『無極性油(むきょくせいゆ)』『極性油(きょくせいゆ)』があります。

『無極性油』は、価格が安いため、クレンジングなどの洗い流し品や、乳液・クリームといった基礎品まで、幅広く用いられていますが、クレンジング力という点においては劣ります。

何故なら、メイク汚れは極性を持っていますから、極性を持っているメイク汚れに対し、極性を持たない無極性油では馴染みが悪いのです。

一方、『極性油』は無極性油に比べ価格は高いです。しかし、極性をもつメイク汚れと馴染みがいいため、クレンジング力という点においては、『優れた油』『最適な油』といって良いでしょう。

先ほど挙げた、原価が安くクレンジングによく配合されるミネラルオイルやパラフィンといった『鉱物油』は、残念ながら『無極性油』なんですね。

クレンジングの一番重要な機能は『クレンジング力』ですから、ユーザーのことを考えれば、無極性油ではなく、クレンジング力の高い『極性油』を選ぶべきです。

ですが、先ほども述べたように、原価が高いオイルクレンジングではそれがなかなか出来ない。

商売にならないんです。

ですから、十分分かりつつも、『原価低減を最優先』に、鉱物油などの無極性油を配合してしまうんですね。

これが一般的なオイルクレンジングですが、アテニア スキンクリア クレンズオイルは違いました。

全成分を見れば一発で分かりますが、アテニアは『エチルヘキサン酸セチル』『ジイソノナン酸BG』を多量に配合し、これらがメイク汚れを落とします。

これら油は、無極性油ではなく、クレンジングに最適な『極性油』です。

ですから、クレンジング力に疑いの余地はありません。マスカラなどのポイントメイクも簡単に落とすことが出来る、高いクレンジング力を有します。

クレンジング力は合格です。では、価格はどうでしょうか?

ユーザーのことを考え、クレンジング力にこだわり、極性油を選択したまでは素晴らしい。ですが、極性油を配合したことで跳ね上がった原価を、販売価格に上乗せしていないか?

価格を見ると、『175mLで約1800円』

オイルクレンジングとしては決して低価格ではなく、中価格帯に属しますが、クレンジング力を含め、この後に説明する製品特徴(搭載技術)を考えると、かなりお値打ちですね。

クレンジング力は勿論、コストパフォーマンスも高いと評価します

 

② 優れた洗い上がりを実現し、W洗顔不要!!

オイルクレンジングのクレンジング力は素晴らしい。

しかし、オイルベースですから、『洗い上がりが悪い』ですね。

オイルクレンジング使用後、『お肌がべとべとヌメヌメする』というご経験をされた方は多いのではないでしょうか?

オイルクレンジングによって高いクレンジング力を得ているのだから、洗い上がりの悪さは仕方がない、我慢しなさい、とおっしゃる方もいますが、より良いものを追求するのがユーザー心理です。

洗い上がりの悪さを補うために、『W洗顔』するわけですが、このW洗顔が面倒。

何かいい方法はないのか・・・と、多くのユーザーが考え、悩んでいると思います。

実は、これこそユーザーの『潜在ニーズ』であり、化粧品会社の使命は、この潜在ニーズに応えることなんですね。

そういう意味で、アテニアは、オイルクレンジングに対するユーザーの潜在ニーズに見事に応えましたね。

このアテニア スキンクリア クレンズオイルは、『W洗顔不要のオイルクレンジング』なんです。

非常に高いクレンジング力でありながら、洗い上がりにも優れるんですね。

私が評価したいのは、このW洗顔不要、メーカーが勝手に、一方的に宣伝しているわけではなく、『確固たる科学的根拠』が存在する点です。

それをご説明します。



上図のように、アテニア スキンクリア クレンズオイルに配合されている、『エチルヘキサン酸セチル』『ジイソノナン酸BG』といった油(極性油)が、メイク汚れと馴染み、メイク汚れをしっかりと浮き上がらせます(メイク汚れを落とす)。

そして、すすぎの際、多量の水がくると、メイク汚れと馴染んだ油が『乳化』され、微粒子レベルに分散されて、流されます(洗い上がりがいい、W洗顔不要)。

これが、『微細乳化処方』であり、洗い上がり後のべとべとヌメヌメの原因である油が、微粒子レベルに細かく分散されて流れるので、W洗顔不要なんですね。

であれば、世の中のオイルクレンジング全てが微細乳化処方にすればいいのでは?とも思いますが、この微細乳化処方、簡単ではありません。

高度な技術が必要です。

アテニア スキンクリア クレンズオイルで微細乳化処方を可能にしているのは、『ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10』『オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20』『ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20』『(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル』といった、『界面活性剤』です。

つまり、微細乳化処方を実現するには、『高度な界面活性剤の配合技術』が必要不可欠なんです!

アテニアは、スキンケアで培った界面活性剤配合技術を、オイルクレンジングに展開したみたいですね。

ですから、どのメーカーでも真似出来ない、アテニア独自の技術なんです。

界面活性剤の配合技術によって、微細乳化処方を可能にしたアテニア スキンクリア クレンズオイル。

『オイルクレンジングなのにW洗顔不要』を、私は高く評価いたします。

 

③ くすみの原因、肌ステインを洗い流す!!

紫外線などの刺激を受けると、その刺激からお肌を守るために、酸素が、『活性酸素』という物質に変化します。

この活性酸素、増えすぎると、角質層のタンパク質に付着して、お肌の『黄ばみ』『くすみ』になってしまうのです。

これが『肌ステイン』です。

そして、角層にこびりついた肌ステインを、ゆるめて切り離す成分が『ロックローズオイル』であり、これを初めて化粧品原料として採用したのがアテニアみたいですね。



いくら化粧品開発力が進歩して、クリームタイプやリキッドタイプが、オイルクレンジングなみのクレンジング力を有していたとしても、さすがに『肌ステイン』まで除去することは困難でしょう。

圧倒的なクレンジング力と、特別な成分、ロックローズオイルを配合した『アテニア スキンクリア クレンズオイル』だからこそ、肌ステインにも有効みたいですね。


以上のように、元化粧品開発者であった私は、①クレンジング力とコストパフォーマンス ②W洗顔不要(科学的根拠あり) ③肌ステインまで除去 この3点を評価いたします。

 

3.気になる口コミは?

某大手口コミサイトの口コミを見てみましょう。


<ポジティブ意見>

● コスパに驚き

● 濡れた手でも使えて、W洗顔不要もすばらしい

● オイルの割に洗い上がりが突っ張らない

● 洗顔後のお肌がツルツルモチモチしている

● 下地、ファンデ、UV、全て綺麗に落ちる

● 簡単に落とせるからメイクオフが楽しみになった


<ネガティブ意見>

× アイラインが落ちきっていないことがあったので、目元は優しく擦る必要がある

× ウォータープルーフのマスカラは丁寧に馴染ませないと落ちない

× 別のオイルクレンジングでもそうだったが、ニキビが出来てしまった


『高いクレンジング力』『コスパの良さ』の意見が多かったですね。クレンジング力に優れた『極性油』を多量に配合したことが、ユーザーに受け入れられ、指示されたようですね。

コスパに関しても、オイルクレンジングとしては勿論、W洗顔不要ということは、洗顔がいらない、つまり、洗顔が節約できるということですから、コスパの高さには再度驚きです。

ウォータープルーフのマスカラが落ちにくいとの意見がありましたが、これはどのオイルクレンジングにも言えることです。

マスカラには、化粧もちをよくするために『被膜剤』が多量に配合されていますから、特にウォータープルーフタイプであれば、いつも以上に、長時間優しく馴染ませる必要があるかもしれませんね。

また、ニキビが出来たという意見もありましたが、そのような方は、おそらくオイルクレンジング自体がお肌に合っていないということですから、リキッドタイプやクリームタイプのクレンジングをお使いになった方がいいと思います。

いずれにしても、この商品、@コスメ ベストコスメアワード2016年、クレンジング・洗顔部門で『第1位』を獲得。

さらに、@コスメにおいて、800を超える口コミ数で、★5以上を獲得(2017年3月現在)。

圧倒的な口コミ『高評価』ですね。

 

4.結論

私の目から見た、この商品の『配合成分』『搭載技術』は素晴らしかったです。

また、『口コミ評価』も圧倒的でした。

オイルタイプのクレンジングとしては、最高峰に位置するモノであり、オイルクレンジングをお探しの方であれば、迷わず『買い』です。

私コスメデインの『おすすめコスメ入り』です。


▼ アテニア スキンクリア クレンズオイル


ただし、ニキビが出来たとの口コミがあったように、オイルタイプがお肌に合わない方は、『クリームタイプ』もしくは『リキッドタイプ』をお選びください。


▼ クリームタイプ

ラミナーゼ クレンジングバーム

www.cosmedein.com

▼ リキッドタイプ

クレンジングリキッド

 

 ※本記事の内容は個人の感想であって効果を保証するものではございません