コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

アクセスありがとうございます。cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の開発を行ってきました。その経験を活かし、化粧品をお使いのすべての人々に、『化粧品の真実』をお伝えしたいと思います。普段のお化粧に、是非参考になって頂ければと思います!

洗顔料(ウォッシュ)の真実 【ウォッシュの役割は? どのようなタイプがあるの?】

f:id:cosmedein:20160905093203p:plain

化粧をしない男性でも、『洗顔料(ウォッシュ)』は使いますよね。
ですから、洗顔料は、一番ユーザーが多いコスメアイテムではないでしょうか?

今回は、『洗顔料(ウォッシュ)の真実』と題しまして、役割やタイプについて詳しくご説明いたします。

洗顔料の基本なので、是非、参考にしてください。

 

1.洗顔料の役割

洗顔・ウォッシュ・役割

 洗顔料の役割は、

『お肌の水性の汚れやほこりを取り除き、お肌を清潔な状態にする』

です。

クレンジングの対象はメイクなどの『油性汚れ』ですが、洗顔料は『水性汚れ』です。

このように、クレンジングと洗顔料は役割が異なります。

ですから、よく『W洗顔不要』と謳う商品(クレンジング)がありますが、「クレンジングと洗顔料は役割が違う」、「お肌にクレンジング料が残っていると、化粧水の浸透の邪魔をする」、以上から、私はW洗顔を絶対におすすめします。

 

2.汚れを落とすメカニズム

洗顔料は、『アニオン界面活性剤』で汚れを落とします。

アニオン界面活性剤が汚れに吸着し、汚れを包み込みます。


▼ アニオン界面活性剤など、界面活性剤の基本は以下を参照してください

cosmet.hatenablog.com

 

▼ 汚れを落とす時の、界面活性剤の吸着はクレンジングと同じなので、以下を参考にしてください

cosmet.hatenablog.com

洗顔・ウォッシュ・アニオン界面活性剤

上図が洗顔料に配合される『アニオン界面活性剤の模式図』です。

洗顔料に配合されるアニオン界面活性剤は、脂肪酸と金属水酸化物からなる『脂肪酸の金属塩』です。
もう少し詳しく説明します。

脂肪酸とは『長鎖炭化水素のカルボン酸』です。C(炭素)の数が12個以上のものを、『高級脂肪酸』といいますが、洗顔に用いられるアニオン界面活性剤はCが12個以上のものがほとんどなので、高級脂肪酸と言った方が適切かもしれません。

Cの数によって、以下のように呼び方が変わります。

C12・・・ラウリン酸

C14・・・ミルスチン酸

C16・・・パルミチン酸

C18・・・ステアリン酸

このあたりが、洗顔料によく配合される脂肪酸です。

『ラウリン酸フリー』という洗顔料があります。ラウリン酸はC12と、「Cの数が少ない=分子量が小さい」ため、お肌への安全性に課題があります。
ですから、敏感肌用やベビー用の洗顔料に、ラウリン酸フリーがあります。
ただし、ラウリン酸は泡に大きく影響するので、このような洗顔料は、お肌への刺激は少ない分、泡質は劣ります。

ラウリン酸フリーに関して、私は少し疑問に思います。
確かに刺激の懸念はありますが、そのために洗浄機能を落としていいものかと・・・。

もともと、アニオン界面活性剤自体が、お肌への刺激がありますから、安全性が高いというわけではありません。ですから、アニオン界面活性剤が、スキンケア基礎品にあまり配合されない理由はここにあります。洗顔料という、『洗い流し品(お肌に残らない)』だからこそ、配合されているのです。
最終的に判断されるのはユーザーの皆様です。ご自分の肌質と商品情報から、よくお考えになってご判断ください。

金属酸化物には、『水酸化カリウム(KOH)』及び『水酸化ナトリウム(NaOH)』が用いられます。

このように、洗顔料に用いられるアニオン界面活性剤は、「弱酸である脂肪酸」と、「強塩基である金属水酸化物」の塩であるため、『アルカリ』を呈します(pHは10前後)。

 

3.洗顔料の種類と特徴

洗顔・ウォッシュ・役割

<① クリームタイプ>

一番なじみのあるタイプですね。
主にチューブに入っていて、洗顔料と言えばこのタイプを指しますね。

注意点が2つあります。

1つ目は、『よく泡立てて使う』です。

洗顔料は『泡』で洗います。そうしないと、汚れは落ちませんし、お肌にも負担になりますし、洗い上がりが悪く、洗顔料がお肌に残ります。

ただし、泡立てるのには技術がいります。化粧品開発者は、それが仕事ですから、泡立て上手です。皆様は、しっかり泡立てていらっしゃいますか?

手に洗顔料を取り、水を加えながら、空気を巻き込むように泡立てます。
空気を巻き込むのが一番のポイントです。私は普段、化粧品を使いませんが、洗顔料だけは使いますので、毎日5分以上かけて泡立てて、たっぷりの泡で洗顔しています。

ただ、毎日5分というのは、結構大変です。しかも、おそらく私は、皆様よりも泡立てに慣れていますから、普通であればもっと時間がかかるかもしれません。

その場合は、『泡立てネット』をお使いください。すごく簡単に短時間で、大量の泡が出来るので、是非、おすすめです!

2つ目は、『温度変化(高温)に注意』です。

洗顔料はお風呂場に置いている方もいらっしゃると思います。お風呂場は、温度変化が激しいですよね。お風呂に入っている時は気温は高く、お風呂に入っていない時は気温が低いです(特に冬場)。

クリームタイプの洗顔料は、温度変化に弱く、高温に保管されていたものが、低温になると、非常に硬くなります。これは、洗顔の本質的特徴なので、防ぐことが出来ません。

ただし、長期間、この温度変化が続いた場合に起こり得ることで、洗顔料は毎日使うものですから(使用サイクルが短い)、大きな問題にならないと思います。

もし、お使いの洗顔料が、以前に比べて硬くてチューブから出しにくい!とお感じになれば、これが原因です。


<② フォームタイプ>

ポンプを押して泡になって出るタイプです。

洗顔料は『泡』で洗うものです。前述したように、泡立ては簡単ではないので、このタイプであれば、初めから泡で出てくるので便利ですね。

容器の中に泡が入っているわけではありません。ポンプに工夫がされています。
容器には、液状の洗浄液が入っていて、ポンプから吐出される瞬間に泡になります。

泡で洗うこと、洗浄液の調整がしやすいことから、ラウリン酸フリーにして、『敏感肌用』『ベビー用』にすることが多いです。
お肌への負担に配慮したタイプではありますが、洗浄機能はクリームタイプより劣ります。

注意点としては、『長期保管』及び『高温保管』はお止め下さい。

洗浄液のpHは10前後です。しかし、長期保管や高温保管によって、成分(主に界面活性剤)が劣化し、pHが下がります。
すると、アニオン界面活性剤の脂肪酸が析出し、その析出物がポンプに詰まって、吐出できなく恐れがあります。

ただし、通常使用の範疇であれば、問題ございませんのでご安心ください。

4.おわりに

いかがでしょうか?

洗顔料の基本について説明させて頂きました。

重複しますが、洗顔料は泡で洗うものなので、しっかり泡立ててお使いください!

 

▼ おすすめの洗顔です

 

▼ 当ブログの人気記事です。是非ご覧ください

cosmet.hatenablog.com

cosmet.hatenablog.com