コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

アクセスありがとうございます。cosmedeinと申します。数十年、大手化粧品会社で化粧品の開発を行ってきました。その経験を活かし、化粧品をお使いのすべての人々に、『化粧品の真実』をお伝えしたいと思います。普段のお化粧に、是非参考になって頂ければと思います!

そばかすとは? 【そばかすとシミは違うの?そばかすは治るの?】

f:id:cosmedein:20160905093203p:plain
『そばかす』の正式名称は『雀卵斑(じゃくらんはん)』と言います。

よく、「シミとは違うの?」とか、「そばかすは消せるの?」といった質問を受けます。

そこで今回は、『そばかす』についてご説明いたします。

 

1.そばかすとは?

f:id:cosmedein:20170311101211j:plain

『そばかす』は遺伝的な要因で発生するもので、生まれつきあるものです。

一方『シミ』は、加齢や紫外線暴露などの内的、外的要因によって発生するものです。

つまり、そばかすは『先天的』、シミは『後天的』に出来るもので、双方は異なります。

そばかすは、5歳~6歳の幼児期に出来るのが一般的で、成長とともに増える傾向にあります。そして、ニキビと同じく、内分泌活動が活発な思春期に顕著となります。その後は、次第に色が薄くなりますが、個人差も大きく、一概には言いきれません。

また、紫外線を浴びると、色が濃くなりますので、春から夏は目立ち、秋から冬は目立ちにくくなります。

そばかすの原因は、シミと異なり、遺伝的なものですから、防ぐことは出来ません。ですが、シミと同じく、そばかすの現象そのものは、『メラニン色素の沈着』なので、効果的なケアによって改善させることが出来るのです。

2.そばかすのケア方法

そばかすはシミ同様、『メラニン色素の沈着』が原因なので、『シミと同じケア』が有効です。

① 紫外線を浴びない

② お肌の新陳代謝を高める

③ メラニン色素を還元し、色を薄くする

④ メラニン色素の生成を抑制する


▼ 詳細は下記の記事に記載していますので、是非ご覧ください

cosmet.hatenablog.com

 

3.その他のケア方法

上記の記事をご覧頂ければ、お分かりになると思いますが、色素沈着である「そばかす」にも「シミ」にも、美白化粧料(医薬部外品)の使用が効果的です。

ですが、お使いの皆様ならお分かりのように、美白化粧料の使用は、効果が現れるのに時間がかかります。


▼ 美白剤については下記の記事をご覧ください

cosmet.hatenablog.com


なかなか効果が現れないので、美白化粧料の使用をやめてしまう方もいらっしゃいます。

ですから、「そばかす」や「シミ」には『コンシーラー』の使用も一つの手です。
コンシーラーの使用によって、そばかすやシミを『即時』に消すことが出来ます。

ただし、あくまで『メイク効果』であって本当に消えるわけではありません。
美白化粧料の効果(スキンケア効果)によって、そばかすやシミが薄くなるまでの、お肌を美しく見せる工夫としてお考えください。

 

4.おわりに

そばかすやシミなどの色素沈着には、メイク効果(コンシーラー)による『即時ケア』と、スキンケア効果(美白化粧料)による『抜本ケア』のWケアをおすすめいたします!


▼ そばかすにお悩みの方必見です

種類3