コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

プロが選ぶ 美白剤ランキング! 最強の美白剤はどれだ?

f:id:cosmedein:20160905093203p:plain
市場には様々な『美白剤』を配合した、薬用化粧品(医薬部外品)が販売されていますね。

『いったいどの美白剤が一番いいのか?』と疑問に思われたことがあるはずです。

そこで今回は、化粧品開発者である私の独断と偏見で、『美白剤ランキング』を発表いたします。

※美白剤とは、美白の有効成分のことを言います。

 

1.ランキングの前に

ランキングの前に、美白剤を選ぶうえで、重視すべきは何でしょう?

やはり美白剤ですから、『美白の効果』を重視する方は多いと思います。

しかし、「カネボウの白斑問題」を忘れてはならず、美白剤を選ぶうえで、まず考えなければならないのは、成分の『安全性』です。

 
1-1.安全性について

化粧品や医薬部外品は医薬品とは違います。医薬品は、効果の代償に一定レベルの副作用が認められていますが、化粧品や医薬部外品には副作用は一切認められていません

『長く安全に使い続けられること』が化粧品、医薬部外品に一番求められることです。

そういう意味で、昨今、美白市場に衝撃を与えた『白斑問題』は許せません。ユーザーは、美しいお肌を手に入れたいと思って、その商品を信用して購入したのに、その期待を裏切り、さらに、大切なお肌に大きなダメージを与えました。

しかし一方で、疑問も残ります。

白斑を引き起こした成分は医薬部外品の『有効成分(美白剤)』です。

医薬部外品と化粧品では大きく異なる点があります。化粧品の場合、安全性などの全責任は『メーカー』が負います。全成分表示が義務付けられたのもそのためです。

医薬部外品の場合、化粧品と同じく全責任はメーカーにあります。ただし、「医薬部外品の有効成分」とし、「医薬部外品として販売する」ためには、国の許可が必要です。

つまり、白斑の問題を起こした有効成分も、商品も、メーカーの提出資料をもとに、国が安全だと判断したと言えるのです。

ですから、まさかこのような安全性トラブルが起こるとは、予想もしていなかったというのが正直なところでしょう。

安全性をおろそかにしていた、とは言いませんが、この問題は、『美白効果にとらわれすぎた結果』と言えるのではないでしょうか。白斑問題の詳細は以下記事をご覧ください。

<白斑問題は何故起こった?>

www.cosmedein.com

 

有効成分(美白剤)の安全性の判断ですが、残念ながら明確な指標はありません。

先ほども述べたように、化粧品・医薬部外品にとって、一番重要なことは安全性であり、メーカーも国も『安全性重視』の姿勢は同じです。

ですから、市販されている医薬部外品は、メーカーが十分な安全性を確認し、国が問題なしと判断したものなので、基本、安全性に問題はありません。

しかし、白斑問題のように想定外(専門家の中には想定内とおっしゃる方もいました)のことが起こる可能性はあります。

ですから私は、安全性に関しては、『市場実績』に重きを置いています

市場実績というのは、悪い言い方をすれば、『人を対象にした大規模な安全性試験』です。

昔から広く使われている有効成分で、これまで重篤な肌トラブルがなければ、お肌に対し安全という『市場実績』があると言えます。

人間の心理として、「難しい名前の有効成分」や、「メーカーが独自に開発した有効成分」の方が、効果が高そうな気がしませんか?

ですが、これら成分は、市場実績が浅いので、安全性に若干の不安が残ります(効果も高くありません。後ほど説明します)。

私は、有効成分(美白剤)の安全性を議論する際、『市場実績』に重きを置いていますから、『昔から広く使われている有効成分(美白剤)』をおすすめします。


1-2.効果について

 基本、有効成分(美白剤)の美白効果に差はありません。差をつけることは認められていません。しかも、それを裏付ける、確固たる客観的証拠(エビデンス)もありません。

ですから、商品周りで『○○の有効成分より効果が高い』などの表記はNGです。

「昔から使われている成分」であろうと、「難しい名前の成分」であろうと、「メーカーが独自で開発した成分」であろうと、それが有効成分であれば、効果に差はありません。

ただし、

・美白のメカニズムがメラニンの還元なのか、生成抑制なのか

・生成抑制の場合、チロシナーゼの活性阻害なのか、メラノサイトへの情報ブロックなのか

といったように、『美白メカニズム』は有効成分によって違います。


このような理由で私は、美白剤を選ぶうえで、メカニズムは考慮しますが、効果はあまり重視していません。

効果があることが大前提なのが美白剤であり、医薬部外品であるからです


1-3.配合のしやすさ

 私は化粧品開発者であり、製剤開発のプロですから、どうしても『美白剤の配合しやすさ』を考えてしまいます。

配合しやすさは、製剤化担当者やメーカーの勝手な都合ではないか、と思われるかもしれませんが、実は、ユーザーの皆様にも関係があります。

美白剤の種類によっては、感触に影響がでます。

「さっぱり」とした夏用の美白化粧水を作りたいのに、どうしても「しっとり」になってしまうなど、製剤化に弊害がでるケースがあります。

これはつまり、「ユーザーに最高の使用感のコスメを提供できない」ということになります。

ですから私は、美白剤を選定するうえで、配合しやすさを考慮に入れます。

配合しやすい、つまり、使用感(感触)に影響を与えにくい成分は、最高感触をユーザーに届けることが出来るという点で、優秀だと考えています。


以上のように私は、①『安全性』 ②『配合しやすさ』 ③『効果』の優先順序で、美白剤を選定し、ランキングにしました!

 

2.美白剤ランキング

美白剤ランキング・美白化粧品

第一位:トラネキサム酸

化粧品開発者の私が考える、最強の美白剤第一位は『トラネキサム酸』です。

トラネキサム酸は製薬会社の『第一三共』が開発した成分で、古くから『医薬品』に用いられてきました。2005年、『資生堂』によってトラネキサム酸は医薬部外品の『美白有効成分(美白剤)』として厚生労働省から認可され、今では、医薬部外品に広く用いられています。

『市場実績』という点では、後に出る、アルブチンやプラセンタエキスに比べてやや劣ると考えている方が多いでしょう。しかしトラネキサム酸は、「第一三共」・「資生堂」という、製薬分野・化粧品分野を代表する超一流メーカーが作ってきた実績ですから、私はトラネキサム酸を、数ある美白剤の中でも『市場実績NO.1』であり、最も安心してお使い頂ける美白剤の一つだと考えています。

注目は、トラネキサム酸の『美白メカニズム』です。

美白剤のメカニズムは「チロシナーゼ活性抑制」が一般的ですが、トラネキサム酸は、『メラノサイトへのしみ情報をブロック』することでメラニン生成を抑制します。

メラノサイトへのしみ情報の伝達は、しみ生成工程のはじめですから、トラネキサム酸は、『初期段階』でしみ生成(メラニン生成)を抑制する事が出来ます。

また、チロシナーゼの活性を抑制する「ロドデノール」(白斑の原因成分)とは美白メカニズムが異なりますから、白斑のような被害が起こるとは考えられません。詳細は以下記事をご覧ください。

<白斑は何故起こった?>
美白コスメ(薬用化粧品) ランキングNO.1は? 【カネボウ白斑問題から、美白コスメのおすすめを考えてみた】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

 

トラネキサム酸と言えば、『第一三共ヘルスケア』『資生堂』です。業界人なら常識であり、私自身も、美白有効成分としてトラネキサム酸を配合したコスメ(医薬部外品)で、この2社以外を選ぶ理由が分かりません。

その中でもやはり、「トランシーノブランド」を抱える『第一三共ヘルスケア』がおすすめですが、このほど、第一三共から「トランシーノ」を超えた?と思わせるほどのエイジングケアシリーズが発売されました。

それが、BRIGHTAGE(ブライトエイジ)』

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液・クリームがあり、全品『医薬部外品』です。

化粧水・乳液・クリームの基礎品には『トラネキサム酸』を、『美白有効成分』として配合しています。

「ブライトエイジ」は、『美白を含む全方位エイジングケア』です。

何故、「トランシーノを超えた?」と思わせるかと言うと、『ブライトエイジ』には「トランシーノ」同様の美白が基本機能として既に備わっていて、「トランシーノ」にエイジングケアが新たに追加されて、進化したブランド『ブライトエイジ』だからです。

商品ページを見て頂ければお分かりになりますが、美容成分を肌の奥まで届ける技術(ナノフィーユミセル)や、うるおいを閉じ込める技術(3Dストレッチネット)は、大手化粧品会社にも引けを取らない『高度な技術』と言えるでしょう。

さらに、徹底した衛生管理の製造環境や、肌の水分量・弾力などの有用性試験も実施していて、さずが『製薬会社』とも言うべき見事な対応です。

先程もご説明したように、「トラネキサム酸」は第一三共が開発した成分ですから、第一三共は「トラネキサム酸」を知り尽くしたメーカーと言えます。ですから、「トラネキサム酸の研究」・「トラネキサム酸配合コスメ」で第一三共の右に出るメーカーはいないと私は考えています。

このように化粧品開発者の私は、『市場実績』『美白メカニズム』の観点から、トラネキサム酸を、『第一位の美白剤』にしました。

ただしトラネキサム酸は、配合量によっては『肌荒れの有効成分』にもなりますから、お間違いのないようご注意ください。詳細は以下記事をご覧ください。

<トラネキサム酸は美白の有効成分ではない!?>

www.cosmedein.com


<トラネキサム酸配合(美白剤) 第一三共「ブライトエイジ」>

 

第二位:アルブチン

『アルブチン』は古くから広く用いられている美白の有効成分で、チロシナーゼの活性を阻害して、メラニン生成を抑制します。

ですから、十分すぎるほどの『市場実績』があり、『安全性』に大きな問題はありません。

配合するうえでも、大きな課題はありません。『幅広い感触』のものを作ることができます。

有効成分としての配合量が多いことが唯一の課題とも言えなくはないですが、ユーザーにとっては全く関係ございません。

安全性、配合しやすさの点から、第一位に推せる成分ではありますが、美白メカニズムが一般的なので、トラネキサム酸に次ぐ『第二位』としました。

アルブチン配合の美白の医薬部外品なら、富士フィルムの『アスタリフト ホワイト』がおすすめです。

<アルブチン配合(美白剤) 富士フィルム「アスタリフト ホワイト」>

アスタリフトホワイト

www.cosmedein.com

 

第三位:ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には様々な種類があります。

『リン酸アスコルビルマグネシウム』
『アスコルビン酸2グルコシド』『テトラヘキシルデカン酸アスコルビル』など、全てビタミンC誘導体です。

ビタミンCにはメラニンに対する高い還元作用があります(メラニンを薄くする)。

しかし、ビタミンCは分解しやすく、安定性に課題がありました。

そこで、ビタミンCの効果はそのままに、安定性を高め、さらにお肌への浸透力も高めたものが『ビタミンC誘導体』になります。

現在では、ビタミンCそのものを安定に配合する技術もありますが、まだ十分とは言えないため、ビタミンC誘導体をおすすめします。

ビタミンC誘導体も、古くから用いられている美白の有効成分で、市場実績がありますから、安全性に大きな問題はありません。

配合するうえでは、「粘度の高い化粧水が出来ない」や「乳液への配合には技術が必要」といった制約があります。

※水溶性且つ電解質のビタミンC誘導体に限る

市場実績は十分ですが、処方上の制約があるため、『第三位』にしました。

<ビタミンC誘導体配合(美白剤) 富士フィルム「アスタリフト ホワイト」

アスタリフトホワイト 

 

第四位:プラセンタエキス

プラセンタとは、『哺乳動物の胎盤』から得られるタンパク質です。

もともとはウシ由来のプラセンタエキスが用いられてきましたが、BSE問題により、ウシ以外のものが使われるようになりました。

ただし、由来が異なっても、含有される成分に大きな違いがないことは確認されています。

古くから用いられている成分ですから、市場実績があり、安全性に大きな問題はありません。配合もしやすく、製剤化のうえで、制約はございません。

<プラセンタエキス配合(美白剤) メビウス製薬「シミウス」>

 

第五位:3-O-エチルアスコルビン酸

これはビタミンC誘導体の一種なので、第二位と一緒に考えるべきかもしれませんが、これまでのビタミンC誘導体とは、美白のメカニズムも、配合しやすさも異なるので、別枠にしました。

チロシナーゼの活性を阻害して、メラニンの生成を抑制します。

さらに、直接メラニンに働きかけて、生成を抑制する効果もあるので(メラニン単量体の重合抑制)、『速効性ビタミンC誘導体』とも言われています。

数年前、この成分を配合した商品の回収騒ぎがありましたが、安全性ではなく、成分の『安定性』が原因でした。

ですから、『安全性』に大きな問題はございません。

また、美白メカニズムがこれまでのビタミンCと異なるので興味深い成分です。

ただし、回収騒ぎがあるくらい、安定配合が難しい成分でもあります。

安定配合のために、かなりの制約があります。「さっぱり」はほぼ無理で、必ず「しっとり」になってしまいます。というか、成分の安定配合のために、「しっとり」にせざる得ません。

このように、感触の幅が非常に狭いので、五位としました。

 

特別賞:ハイドロキノン

『ハイドロキノン』は非常に強い還元作用があり、メラニンを薄くしてくれます。

しかし、これまでの市場実績やデータが示す通り、お肌に対する刺激が強く、『安全性に課題がある』成分です。

ネット上では、ハイドロキノンを推す声も多く見受けられますが(最強の美白剤=ハイドロキノンとおっしゃる方も多くいますね)、『安全性こそが第一』と考える私は、おすすめしません。

しかし、今回、特別賞にしました。

シミにお悩みの女性の中には、皮膚科医への受診を選択される方もいらっしゃると思います。

シミに対する(美に対する)考え方や、シミの程度は人様々ですから、『皮膚科治療』も、シミケアの選択肢の一つです。

皮膚科ではシミの状態に合わせ、レーザー、内服薬、外用剤などの治療を受けることが出来ますが、ハイドロキノンは『外用剤』として用いられます。

肌への刺激が強い成分なので、お医者様の指導のもと、外用剤として使用になるのであれば、ハイドロキノンは決して悪ではありません。

  

3.おわりに

いかがでしょうか?

今回のランキングは、私の『独断と偏見』だということ、ご了承ください。

しかし、私は化粧品開発者として、美白化粧品も数多く手掛けてきましたから、無茶苦茶なランキングではないと、ちょっとした自信はあります。

今回の成分は、安全性に大きな問題はないと考えていますが(ハイドロキノンを除く)、安全性に絶対はありません。

特に、敏感肌の方や、過去、化粧品を使用して肌トラブルを抱えた経験がある方は、一度試しに使用してみて、お肌に合えば、本格的に使用されることをおすすめします。

今は、使用済みであっても30日間は返金に応じる、というサービスも充実していますから、このようなサービスをおもいっきり活用しましょう。

<トラネキサム酸配合(美白剤) 第一三共ヘルスケア「ブライトエイジ」>

<ブライトエイジのすごい点 ~効果面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)」をおすすめする理由 ~効果面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<ブライトエイジのすごい点 ~処方面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)」をおすすめする理由 ~処方面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<ブライトエイジのすごい点 ~安全性面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)」をおすすめする理由 ~安全性面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


<アルブチン・ビタミンC誘導体配合(美白剤) 富士フィルム「アスタリフト ホワイト」>

アスタリフトホワイト


<白斑問題は何故起こった?>
美白コスメ(薬用化粧品) ランキングNO.1は? 【カネボウ白斑問題から、美白コスメのおすすめを考えてみた】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません