コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

アクセスありがとうございます。cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の開発を行ってきました。その経験を活かし、化粧品をお使いのすべての人々に、『化粧品の真実』をお伝えしたいと思います。普段のお化粧に、是非参考になって頂ければと思います!

シミとは? 【シミは何で出来ちゃうの?どうやって予防するの?】

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

シミは女性にとって大敵ですね。
このシミ、原因は『メラニン色素』にあります。メラニン色素という単語は聞いたことがあるかもしれませんが、その詳細をお話しします。

 

1.メラニン色素とは?

表皮最下層の基底層にある『メラノサイト』と言われる細胞でメラニン色素は作られます。
ですから、このメラノサイトは『メラニン形成細胞』、通称では『メラニン生成工場』とも言われます。

メラニン色素の出発は、アミノ酸の一種である『チロシン』という物質です。
このチロシンが『チロシナーゼ』という酸化酵素によって、『ドーパ』という物質に変化します。
さらにチロシナーゼはドーパにも働きかけて、『ドーパキノン』という化合物に変化させます。
このドーパキノン、反応性が高く、酵素の力を必要せず、一人で勝手に反応していきます。
『ドーパクロム』『インドールキノン』、そして最後に『黒褐色のメラニン色素』になります。

つまり、『チロシン』という出発物質が、『チロシナーゼ』という酸化酵素の力を借りて、反応(酸化)を繰り返すことで『メラニン色素』は生成されるのです。


メラニン色素は毎日、生成されています。
基底層で作られたメラニン色素は、お肌の表面へと押し上げられていきます。
そして、最終的には角片とともにアカとなって『体外へ排出』されます。この間も、基底層ではメラニン色素が作られています。

つまり、正常なお肌では、メラニン色素の『生成と排出のバランス』が保たれているのです。

これを、『メラニンの代謝』と言います。

 

2.シミとは?

シミ・しみ・メラニン・予防

メラニン色素は誰でも毎日作られています。
しかし、正常なお肌の場合、ターンオーバーによって、メラニン色素は体外へ排出されます(メラニンの代謝)。
ですから、若い頃、紫外線を浴びてもシミになりにくかったのはこのためです。

しかし、ターンオーバーが乱れたり、排出以上にたくさん生成されたりして、メラニンの代謝が乱れると、お肌にメラニン色素が居座るようになります。

このメラニン色素がお肌に居座った状態が『シミ』なのです。


シミケア、シミ予防のためには、シミ(メラニン色素)の特徴を知る必要があります!

特徴1:紫外線を浴びると、防衛機能が働き、メラニン色素の生成が活発になります

特徴2:メラニン色素は何段階もの過程を経て(酸化)、色が濃くなります。

特徴3:チロシナーゼの働きや、メラニン色素を作りなさい!という情報伝達物質によって、メラノサイト内でメラニン色素は生成されます。

 

3.シミのケアと予防


3-1:紫外線を浴びない


メラニン色素は紫外線を浴びることで生成が促進されます。ですから、紫外線対策を万全にしましょう。

屋外でのレジャー、スポーツをする時は、『SPF 50+、PA ++++』を、日常生活の際は『SPF 30~、PA++~』といった具合に、SPF, PAは数値が高いものを選ぶのではなく、ご自身のTPOに合わせてお選びください。

また、たっぷりの量を、こまめに塗りなおすようにしてください。

UVBは、季節や天候によって照射量に差がありますが、UVAは、UVBほどの差はありません。つまり、曇りの日でも、冬でも、UVAは降り注いでいます。
ですから、紫外線対策は、晴れた日だけでなく、夏だけではなく、一年を通して実施するようにしてください。

(紫外線や日焼け止め化粧品については、どこかで詳細をご説明しますね。)


3-2.お肌の新陳代謝を高める

シミはお肌にメラニン色素が居座っている状態(色素沈着)です。この色素沈着を解消するためには、お肌のターンオーバーを正常にして、メラニン色素を体外へ排出する必要があります。

そのためには、血行を促進させ、新陳代謝を高めることが重要です。

これには『マッサージ料』『パック料』『エステ』が効果的です。

マッサージ料やパック料はスキンケアのスペシャルアイテムですし、エステは比較的高価なので、頻繁に実施する必要はありません。

週に1度で構わないので、マッサージ、パック、エステのいずれかで、新陳代謝をアップさせて、お肌のターンオーバーを正常にしてください。


3-3.メラニン色素を還元し、色を薄くする

メラニン色素は様々な過程を経て、色が濃くなります。
この過程を『酸化』といい、酸化の逆である『還元』によって、メラニン色素の色を薄くするのです。

これには『美白の医薬部外品』の使用が有効です。

『ビタミンC誘導体』には、メラニン色素を還元する力があるので、ビタミンC誘導体を有効成分とした医薬部外品の使用をおすすめします。


3-4.メラニン色素の生成を抑制する

メラニン色素の生成を抑制するためには、酸化酵素であるチロシナーゼの働きを抑制する方法(『チロシナーゼ活性阻害』)と、メラノサイトに送られる、「メラニンを作れ!」という、情報をブロックする方法(『メラノサイト活性阻害』)があります。

美白の有効成分には、これらの働きもありますから、3-3同様、医薬部外品の使用が有効です。

『アルブチン』『トラネキサム酸』は、メラニンの生成を抑制する代表的な有効成分です。

 

4.おわりに

いかがでしょうか?
シミの原因と予防についてお分かりになりましたか?

シミは女性にとって大敵ですし、シミになってから後悔しても遅いので、日焼け止めとスキンケア基礎品の使用(美白の医薬部外品)は忘れないでくださいね!


最後まで見て頂きありがとうございました!

 

▼ シミケアといえばコレ!確固たる技術に裏付けされた美白コスメです
アスタリフトホワイト

 

▼ シミにはコレ!最強の美白剤についてのおすすめ記事です

cosmet.hatenablog.com